そうか、リーダーが学ぶべき事とはこういう事だったのか

894681eec80d1dc675b1d82600383dc7_l

パワーインプレッション講座のプレ版
エッセンシャルズを昨年末に開催した時に
マナー講師をしている私が開催するのだから
マナー講座だと思って参加された方
何人もいらっしゃいました。

パワーインプレッションの講座では、
マナーについては少ししか触れません。

というよりも、
マナーを学ぶことで得られる
本質的な部分に触れています。

だから、響かない方には響きません。
それはそれで良いと思います。

礼とは、マナーとは
単なる恥をかかないための形
ではありません。

他人への思いやり…といえば
まぁ半分くらいは当たっています。

江戸時代までは本当の礼法なんて
大名・旗本でなければ
教わる事が出来ませんでした。

にもかかわらず、戦前までの日本人は
農民・町民まで普く、非常に礼儀正しく
秩序を守る人々でした。

それは、本質的な部分が親から子へ
行動として伝えられていたからです。

子供は親の背中を見て育ちます。
日本の武道にはマニュアルはありません。
その”形(=行動)”を
実践していく事により
いつかその神髄に気づくのです。

マナーをいくら勉強しても
その本質を知る事がなければ
型どおりにしか動けないのです。

本質を知っていれば
行動の意味が理解出来ますので
臨機応変に対応する事が出来ます。

行動に対する迷いがなくなるのです。

パワーインプレッション講座では
マナーの本質についてお伝えしておりますが

洋の東西を問わず
何事も突き詰めると同じところに
帰ってくるのです。

何か習い事などをなさっているのでしたら
どうか、行けるところまで追求してみてください。

一つでも成し遂げることにより
その他の物事と本質的には
同じ事を言っていると
実感出来るでしょう。

ピーター・F・ドラッカーは
源氏物語の本だけでなく
源氏物語絵巻にも詳しい
源氏物語オタクだったそうです。

スティーブ・ジョブズは
日本人の曹洞宗の僧に師事し
最後まで禅の実践者でした。

何を学ぶかも大事ですが
それよりも大事なのは
とことんまで何か1つのコトを
探求することではないでしょうか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ|パワーインプレッション通信

上位者のマナー知識、シークレットセミナー情報を坂井しのぶから直接メールでお届けいたします。
パワーインプレッション通信
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
ページ上部へ戻る