服装にも意図をもっていますか?

businessman-2051664_640

時々、雑誌等で見かけます。

日本に来た外国人の

「黒いスーツばっかりで通勤風景がコワイ!」

という感想を。

 

そんな意見を聞いてあなたはどんなふうに感じますか?

「そういえば、俺もいつも濃紺のスーツだから

たまには変わった色のスーツでも買ってみるか」

と思うのか

 

「信念で来ているネイビーのスーツだから

文句は言わせないぜ!」

と思うのか…

 

これは心理テストではありません(笑)

 

あなたがどんな”想い”でスーツを着ているか

ということをもう一度考えて頂きたいのです。

 

私は思うのです。

日本のビジネスマンがほぼネイビーや黒のスーツを

来ているということは

一流思考の現れなのではないかと。

 

世界のトップエリートを見てください。

アメリカの歴代大統領や首相は

ほとんど全員が濃紺のスーツに白いワイシャツなのです。

それは、フォーマルでもオフィシャルでも

相手に良い印象を与え

絶対に失礼のない装いだからなのです。

 

あの目立ちたがり屋のトランプ大統領でさえ

いつも濃紺スーツに白いワイシャツです。

それはエリートの制服と言っても過言ではありません。

 

海外では想像以上に出自や学歴による

階層がハッキリとあるのです。

だから、それなりの方はそれなりの

服装のマナーを破ったりはしないのです。

 

日本は、驚くほどに平等な社会です。

だからこそ、一流思考の方々が濃紺のスーツを

こぞって着ているのではないでしょうか。

 

というのは私の希望です。

 

皆が着ていて安心だから…

なんてことはないはず。

 

ましてや、外国人旅行者に揶揄されたからといって

即座に奇をてらった色やデザインのスーツに

手を伸ばそうとするのは愚の骨頂です。

 

きちんと意図をもってスーツを選ぶこと。

そうすれば、誰に何と言われようと

迷走することはないのです。

 

知人の経営コンサルタントの男性は

意図を持って明るめのネイビーのスーツを着ています。

ご自身の気分が良くなる色で

浮かない色ならば

ネイビー系・グレー系で多少は遊んでも良いのです。

 

ですが、いきなり目立つ縦縞の生地を選んだり

黄色いジャケットを選んだりするのは

いかがなものかと思います。

 

自分がどう見られたいか

意図を持ってスーツを選ぶことが

品格を作るのではないでしょうか。

 

※一つ注意いただきたいのは、

濃紺・ネイビーのスーツは「有り」なのですが

黒はビジネスシーンでは「無し」です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ|パワーインプレッション通信

上位者のマナー知識、シークレットセミナー情報を坂井しのぶから直接メールでお届けいたします。
パワーインプレッション通信
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
ページ上部へ戻る